生活 調べもの

犬のしつけで叩くのはなぜ良くないのか?何歳でもしつけはできる?

みなさんは犬のしつけで叩きますか?

犬のしつけで叩くのは、犬に対して恐怖感やストレスを与えてしまうだけでなく、犬の健康や行動にも悪影響を及ぼす可能性があります。叩かれてしつけられた犬は飼い主の指示に従うことがあったにしても恐怖で従っているだけです。そのような関係では、犬と飼い主の信頼関係は築けません。

叩かずにしつけるためには、犬の気持ちや特性を理解し、ポジティブな方法でコミュニケーションを取ることが大切です。例えば、犬が望ましい行動をしたら褒めたりご褒美をあげたりすることで、その行動を強化することができます。逆に、望ましくない行動をしたら無視したり注意したりすることで、その行動を減らすことができます。

しつけで犬を叩く問題点は?

犬のしつけで叩くことが良くない理由は、以下のようなものがあります。

  • 飼い主に対して恐怖感を抱き、信頼関係が崩れる可能性がある
  • 叩かれた原因や意味を理解できず、逆効果になる可能性がある
  • 暴力的な行動を覚えてしまい、他の人や動物に危害を及ぼす可能性がある
  • ストレスや不安を感じてしまい、健康や精神面に悪影響を与える可能性がある

犬のしつけでは、叩くよりも褒めることが大切です。 褒めることで犬は喜びや安心感を感じ、飼い主との絆が深まります。また、褒めることで犬は正しい行動を覚えやすくなります。

犬のしつけで叩く方法があるのはなぜ?

犬のしつけで叩く背景については、一昔前に主流だった「ドミナンス理論」という考え方が関係しています。

ドミナンス理論とは?

この理論では、犬は人間を含めた家族を群れとみなし、その中で順位や支配・服従の関係があると考えます。そのため、飼い主は犬に対してリーダーとして振る舞い、優位性を示さなければならないと主張します。

しかし、この理論は現在では否定されています。犬の祖先であるオオカミの群れにも順位や支配・服従の関係はなく、協力的で平等な関係で暮らしていることがわかっています。また、犬は人間と異なる種であることを認識しており、家族を順位づけしたり支配しようとしたりすることはありません。

ドミナンス理論に基づくしつけ法は、犬に対して体罰や威嚇などの暴力的な方法を用いることが多く、犬の心身に深刻なダメージを与えます。犬に対して信頼や尊重を持ち、愛情やご褒美でしつけることが大切です。

犬をしつけるのに効果的な方法は?

犬をしつけるのに効果的な方法はいくつかありますが、一般的には以下のようなことが重要です。

  • 犬が望ましい行動をしたら、すぐに褒めたりご褒美をあげたりして、その行動を強化する
  • 犬が望ましくない行動をしたら、叱ったり叩いたりせずに、無視したりやめさせたりする。
  • 犬にコマンドを教えるときは、クリッカーという道具を使うと効果的

犬のしつけには時間と根気が必要ですが、信頼関係を築くことで愛犬と楽しく暮らせるようになります。

犬を褒めるときに気を付けることは?

犬を褒めるときには、以下のようなことに気を付けましょう。

  • 表情や声のトーンを明るくする
  • 褒め言葉とご褒美(おやつやフードなど)をセットで与える
  • 褒め言葉はシンプルでわかりやすいものにする
  • 褒めるタイミングは正しい行動をした直後にする
  • 犬の好きな部分(首筋や背中など)を撫でたりする

これらの方法で犬を褒めると、犬は喜んでくれますし、飼い主との関係も良くなります。
ぜひ試してみてくださいね。

自分でしつけるのが難しい時は?

自分でしつけるのが難しい時は、犬のしつけ教室に通うという選択肢もあります。
犬のしつけ教室は、プロのドッグトレーナーまたは訓練士が在籍していて、そのかたの指導のもと犬のしつけをするというものです。

犬のしつけ教室には様々な種類がありますが、一般的には以下のようなものがあります。

犬を預けてしつけをしてもらうホームステイコース
犬と一緒に通ってしつけを学ぶグループレッスンコース
犬と一緒に通って個別に指導を受けるプライベートレッスンコース
犬を朝から夕方まで預かって遊んだりしつけたりするようちえんコース

犬のしつけ教室の料金相場は1,500円~19,800円ほどです。
30分1500円~、1時間3千円~5千円が目安です。6ヶ月以上の年齢かどうかで料金も変わってきます。

しつけ教室に通うことが大変なときは

犬のしつけ教室に通う名が大変なときは犬のしつけ動画がおすすめです。
動画では、プロのドッグトレーナーの指導を自宅で見ることができる便利な教材です。

犬のしつけは何歳までにすればよい?

犬のしつけは何歳までにすればよいという明確な基準はありません。
しかし、一般的には子犬のうちに基本的なしつけを行うことが望ましいとされています。
子犬期は2ヶ月から6ヶ月くらいまでと言われることが多く、この時期に社会化やコミュニケーション能力を身につけることが大切です。
また、トイレや噛み癖などの生活習慣もこの時期に教えることが効果的です。

しかし、成犬になってからでもしつけ直しは可能です!!
ただし、時間や努力がかかります。成犬期は2歳前後から始まります。
この時期には性格や性質が固まってきますので、しつけ直しをする場合は愛情と忍耐力が必要です。
また、愛犬の性格や気持ちを理解し、適切な方法で指導することも重要です。

1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材では成犬のしつけも可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

Inuversity(イヌバーシティ)は、会員サイトにアクセスして、動画で犬のしつけ術を学ぶことができます。その為、DVDなどの機材が必要ありません。費用は19,800円+税で、1括~24分割払いに対応しています。

そしてコンテンツのボリュームも他の教材に比べ圧倒的に多く、犬のしつけに関するあらゆる情報が揃っています。
その為、仔犬や成犬、犬種に関係なく、愛犬の問題行動を解決する方法が見つかります。
この教材は飼い主自ら愛犬のトレーニングを行うので、ドッグトレーナーに任せっきりにするよりも、飼い主と愛犬の絆を深めることができます。

まとめ:

いかがでしたでしょうか? 犬をしつける時に叩く方法も言われる背景なども含め、叩くことが良くない理由が分かったかと思います。
もし、独学でしつけるのが難しい場合にはプロのドックトレーナーにお願いしたり、動画などで学びながら、叩かずにコミュニケーションをとることが飼い主にとっても愛犬にとっても幸せかと思います。

ぜひ、みなさんも叩かない方法でしつけてみてくださいね!

-生活, 調べもの
-